2016年09月12日

持ち物少しでいつもお洒落!フランス人女子のファッション

今一服装が決まらない。何かコーデが上手くできない。
ミラーの前で何時間も衣服を出しては、ひとりで迷ってしまう。
常日頃何を着用して出掛けるか、まじに大変ではないでしょうか。
ファッション感性の優秀であるフランス人女子に尋ねると、個々に拘りとかテクニックを持っていると言います。
今回は、フランス人女子のファッションのポイントをお伝えします。



20160912014947.jpg



フランス・パリのファッションは最先端です。
軒並みハイブランドのお店が立ち並んでいます。
さぞかしフランス女子はブランドファッションをきこなし、
更に颯爽と街を駆け抜けているだろうと思われます。
本当のところはそのようなことは無かったのだ。
フランス人女子のファッションの根本は予想外な物であった。



チョイスする洋服はシンプル
フランスレディーは、ほとんど手軽な装いを好みます。
タイプはベーシックな物で、そして他のアイテムと合わせ易い物が好ましいです。
割合と今話題の最先端のウェアを身に付けている訳では無かったんです。



お色も落ち着いた物で
お色もブラック・ベージュ・ホワイト・灰色等、落ち着いたお色を好んで着用しているみたいです。
そのような中で、トップスだけ鮮やかなカラーも黒・ベージュ・白・グレーなど、
落ち着いたカラーを好んで着ています。
そんな中に、トップスだけ鮮やかなブルーや、華やかなオレンジやレッドなど、
差し色を効かせたファッションを好みます。
鮮やかなオレンジやレッド等、差し色を効かせたファッションを好みます。

なおストール・靴・バッグ等、どこかにワンポイントを持ってくることが、
フランス人流のお洒落に違いありませんね。



ヒールは履かない
こちらも予想外ではないでしょうか?フランス女子は、ヒールの靴はさほど履かないんです。
パーティやブライダルなどTPOをわきまえたシーンだったら履きますが、いつもは歩きやすさが優先なのです。
彼氏とのお出かけの際も、優良高級レストランにてごはん!
というわけで無ければ、スニーカーやヒールの低い靴などで出かけるんですよ。



洋服にお金を使わない
フランス女子はそんなに衣服にお金を使いません。
購入する場合は蚤の市といったところにて、used品などを買い入れているようです。
フランスにおいて古い物に値打ちを有していると幼少のころより教えられます。
なので、古着で購入した物や人から貰った洋服を好んで着用しているのです。

デニムあるいはレースのデザインのシャツ等、古い物は職人の手作りの物が珍しくなく、
以前より伝えられる匠の技量を実感するのだそうです。



アクセは銀色
洋服と同様にアクセもゴージャスな物はお気に入りにしません。
割と安価な銀色を好むようです。 洋服とかお色が簡素なため、銀色の方が似合いますね。
首飾りとかリング等、己のオキニを組み合わせてエンジョイします。

これについても、銀細工の匠の技術が意識されるので、蚤の市あるいは古着屋さんにて
ゲットするレディーがいっぱいいるのだそうです。



自分ファッションを優先
フランス女子のファッションのポイントをお伝えしてきましたが、それに最後にもう一つ。
ウェアやアクセなども重要ですが大事なのは、自分らしさではないでしょうか。
周りの視線を気にせず、はやり等関係無く自身が着用したい洋服を着用する。
そのことがフランス女子の大きな魅力だと思います。是非真似てみたい物ですね。

どうでしたか。フランス女子のファッションポイントをお伝えしたわけです。
フランス女子は、はやりとか人目を気にせず自らの着用したいウェアを着用する。

素敵ですよね!

是非、みなさんもこのポイントを踏まえて、あなた好みのファッションをエンジョイしてしてみて下さい。
posted by sunairway at 08:31| レディースファッション総合